博多非凡塾・読書倶楽部 ─ 福岡市で「名著」を楽しむ読書会

menu

博多非凡塾・読書倶楽部

concept

博多非凡塾読書倶楽部は、1冊の課題図書を読み込み、読み終えてきた人だけが参加できる読書会です。
課題図書はビジネス名著、古典的名著、文学作品、話題の新刊書など様々ですが、どれも読み応えのあるものばかり。独りではなかなか手が出ないような歯ごたえのある本を、仲間の力を借りて読み抜き、それを乗り越えた人どうしで充実した時間を過ごそう、というのが基本コンセプトです。

あなたの生活の中に「充実感のある喜び」はありますか?

くつろげる時間、ワイワイと楽しむ仲間なら、きっと誰も不自由していないはず。
では、まじめな話をまじめにできる仲間、時間と空間はどうでしょう?
 
娯楽の本を楽しく読む、それもステキな時間です。
でも、噛みしめて読み解き味わう、濃密で深い読書の喜びは格別です。
 
学生時代の学びは、どちらかと言えば「しかたなく」なテイストでした。しかし、本当は「学び」って奥が深くて楽しいものなんです。それを大人になってやめてしまうのは本当にもったいない!心から、そう思います。

  • 知らない世界をのぞき見る楽しさ。
  • 自分が成長していることを感じる楽しさ。
  • 学ぶことそれ自体の楽しさ。
  • 何かを共に乗り越えてきた仲間と語り合う楽しさ。

学びを1つのエンターテイメントとして楽しめるようになると、きっと、あなたの人生の彩りも変わってくるはず。もちろん、あなたの未来も!

発起人は人生を謳歌する達人ヤナイチと、読書をとことん追求するテラダの二人

博多非凡塾・読書倶楽部は、ヤナイチとテラダの二人の「もっと何か楽しいことしたいよね」という共通する想いから生まれました。

  • 飲んで歌う楽しさではなく、もっと充実感のある楽しさ。
  • 束縛感のない、ゆるいコミュニティ。
  • いつ来ても、ごくたまに参加しても、みんなの「共通の話題」が用意されている空間。
  • さりげなく、でもちゃんと仲間の人生や想いがすぐに伝わってくる会話。

そんな贅沢なエンタとして「読書会」をとらえています。
参加しても何も束縛はありません。ただ大事にしているのは、他の人の意見を真摯に受け止め、共感する態度。
妙な勧誘も、義務も、押しつけもありません。
楽しみたいように楽しむ。学びたいように学ぶ。来たいときに来る。それだけのコミュニティ。
でも、本当にステキな仲間と出会えます。1度参加しただけで、すごく古くからの知り合いのような気分で会話ができます。
たった1度の参加の後、1年ぶりの参加でも、何の気負いもなく会話ができます。
それぞれが自分のことを語りながらも、1つのテーマから離れず、誰もが共感を持って会話ができる── それが「課題図書を読んでくる読書会」のステキなところです。
 
もし、あなたが生活の中に「何か」物足りないと感じているなら、ぜひ1度、気軽に参加してみてください。
ただし、課題図書を読んだ上で!

読書会の参加のルール

特にルールはありませんが、とにかく「課題図書を、自分なりの問題意識と興味を持って読み終えて来ること」だけは確実に守ってください。
お金は本代と参加費1,000円のみ。
毎回参加する必要はありません。興味がある時、気が向いたときだけでもどうぞ。

参加表明について

  • 開催日の3日前までに、当該イベントページのコメント欄に氏名と参加表明(読書会・懇親会)を書き込んで参加表明をしてください。
  • 当日までに本を読み終えてください。もし、仕事などの都合で参加できなくなったり、本を読み終えられなかったりした場合には、キャンセル通知は参加表明と同じ方法でおこないます。
  • エントリー表明と併せて、カードまたはコンビニ支払いで1000円をお支払いください。(コンビニ支払いは48時間以内にお願いします。)
  • お支払いいただいた参加費は、主催者の都合で開催が中止になった場合を除いて返金いたしません。ただし、開催日の10日前までにキャンセルした場合は、その費用をそのまま翌月以降の参加費に充当させていただきます。
  • 懇親会費は3000円程度です。これは「当日割り勘」といたします。
  • 課題図書は前の年に11冊(12月だけは忘年会イベント)が決まっています。早めに読み進めておくといいですね♪

カテゴリー

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031