博多非凡塾・読書倶楽部 ─ 福岡市で「名著」を楽しむ読書会

menu

博多非凡塾・読書倶楽部

INFORMATION

ようこそ博多非凡塾・読書倶楽部のサイトへ。
博多非凡塾・読書倶楽部は、毎月、課題図書を設定し、それを読んだ人だけが参加できる読書会です。
詳しくは「concept」をご一読ください。

Mail Magazine

LATEST ENTRIES

博多非凡塾お休みのこと

大変、申し訳ありません!   寺田の仕事が非常に忙しくなり、 火曜日の夜にも仕事が入るようになってしまいました。   修士論文が落ち着く、9月まで読書会を中止させていただきます。   なお、6月分まで会場はとってありますので、…

2018年03月定例会・課題図書は、あの名著!⇒『第8の習慣』

日本で100万部以上を売り上げ、一年中、Amazonのベストセラーランキング100に入り続ける、モンスター級の名著『7つの習慣』の「続編」というよりは、「さらに核心」をテーマとして語った本が、本書『第8の習慣』です。   『7つの習慣』…

2018年02月定例会『日本人の意識構造』

私たち日本人とは、どんな人間なのか?   国際社会の荒波の中、インターネットを中心として情報も、人の流れもボーダーレス化しています。   世界を理解することも大切ですが、「そも、私はどういう文化を背負った存在なのか」を知ることは、世…

2017年11月定例会『明日のプランニング』

コミュニケーションのスタンスの違いを知ろう!   今月の課題図書は、先月までと打って変わって、非常に読みやすいコミュニケーション(マーケティング)論。   論理的なわかりやすさの問題ではなく、現代のコミュニケーションには、ある種の前…

2017年10月定例会『詭弁論理学』

ネット時代の基本的リテラシーを学ぼう! 今月の課題図書は、怪しい言説が飛び交うネット時代の必須リテラシーを学ぶことができる、非常に価値のある一冊です。   「あの人の言っていることは、とてももっともらしく聞こえるが、どこかうさんく…

2017年09月定例会『格差が遺伝する』

とても読みやすく、今の社会の構造を深く考えさせられる一冊 今月の課題図書は、先月と打って変わって、非常に読みやすい本です。   しかも、今の社会で、誰しも気が付いてはいるけど、あまり考えずに済ませている問題について、詳細なデータで…

2017年08月定例会『創造の方法学』

今月の課題図書は、ちょっと骨のある「古き良き時代」の新書。   知的独創性はどこから生まれてくるのか?   奇をてらった方法ではなく、非常にまっとうな、 それでいて、ついつい無視されてしまうような 科学的な方法を、あらためて教え…

2017年07月定例会『日本語は空気が決める』

今月の課題図書は、これまでになく読みやすい新書です。   しかし、私たちが普段何気なく使っている「日本語」について、 新鮮な発見を与えてくれる良書でもあります。   「確かに、こういう場面(文脈)では、この言葉は使わないね」  …

2017年06月定例会『哲学入門一歩前』

『哲学入門一歩前』   これを「面白い!」と思うのか、「なんだこれは?」と思考停止するのか… そこで、あなたの集中力と深く掘り下げる思考力が問われます。   ぜひ、逃げ腰にならず、頭を抱えてしまわず、 静かな心で、自分の中に…

2017年05月定例会『世界は分けても分からない』

『世界は分けてもわからない』   『生物と無生物の間』で大ベストセラーを飛ばした著者による、超理系エッセイです。   すごく高度で難しい話を、非常に流麗なエッセイとして読ませる技術はさすがのひとこととしか言いようがありません。 …

さらに記事を表示する

一度、お読みください♪

カテゴリー